しいの木訪問看護ステーション中野

人の手ってすごい。足元から見つめなおすケア。

 小林麻央さんがお姉さんのマッサージを受けて、むくんだ足が、軽くなり、爪の血色も蘇えったと書かれていましたが

お姉さんの思いもたくさん伝わっていたのかなと思います。

 

 アロマオイルを使ったフットケア(メディカルアロマテラピー)は、しいの木中野ステーションの「ケアの柱」と言ってもよいほど、

患者さんの癒しとコミュニケーション・健康を高めるために行っています。

 

 

 

病棟に居る時に「これ以上できる治療がない」と言われた方に対して、

 

「看護師として何ができるか」と考えたときに、

 

アロマで、少しでも苦痛を和らげ、気を紛らわしたり、ここち良い時間と空間を与えられないかと思いました。

 

 

 アロマというと単純に良い香りのする癒し、という印象がありますが、

我々が行うアロマ(メディカルアロマテラピー)は、ケアの一環として行っているものです。

 

 

足が整うと身体も整う。これは実際にやっている私たち自身が逆に教えられたことです。

 

 

良いとは思っていましたが、何人ものフットケアを続けていくと、その効果を実感して、やっぱり無くてはならないものかな・・・と今では思っています。

 

 

 

これはなかなか病棟ではできないことだと思います。

 

 

そして、ナースにしかできないことだと思います

 

 

ナースにしかできないケアを、足元から見つめなおしてみてはいかがでしょうか

 

 

 

横浜で「緩和医療学会」がありました。

1日だけ参加してきました。

 

横浜にはご縁があって懐かしいです

 

これは、パシフィコ横浜から見た海の様子です。

しいの木ブログ

お問い合わせ

TEL:03-5343-7843

FAX:03-5343-7844

アクセスマップ