しいの木訪問看護ステーション中野

しいの木訪問看護ステーション中野 の特徴

緩和ケア認定看護師在籍 

「看取れる地域作り」を目指し、

中野区全域・練馬区・杉並区地域の訪問看護を行っています

 

私たちは どのような状態にあっても安心と希望をもって生活できるよう

心と技(看護技術)を尽くしたケアを提供いたします。

看護で大切にしていること

「しいの木訪問看護ステーション中野」はナイチンゲールの思想を基盤としたKOMI理論をベースにおいた看護を展開しています。

①生命の維持過程(回復過程)を促進させているか

②生命体に害となる条件・状況をつくりだしていないか

③生命力の消耗をさいしょうにしているか

④生命力の幅を広げているか

⑤もてる力、健康な力を活用し、高めているか

看護とは生活の処方箋を描き、生活過程を整える実践活動です。「生活の処方箋」は看護師だけでは作れません。他の医療職、介護職、福祉職など多職種での協働作業が必要です。「最良のケア」を提供するために、「今、この方にとって何が必要か」を考え、職種の垣根を超えて新たなケアを創造していくことも重要だと考えています。

 

大切にしているケア 《ナイチンゲールの言葉から》

「看護とは、新鮮な空気、陽光、暖かさ、清潔さ、静かさなどを適切に整え、これらを活かして用いること、また、食事内容を適切に選択し適切に与えることーこういったことのすべてを、患者の生命力の消耗を最小にするように整えること」

 

「看護師は自分の仕事に三重の関心をもたなければならない。ひとつはその症例に対する理性的な関心、そして病人に対する(もっと強い)心のこもった関心、もうひとつは病人の世話と治療についての技術的(実践的)な関心である・・・」

 

看護者の倫理《日本看護協会条文》

1.人間の生命、人間としての尊厳及び権利を尊重する。

2.対象となる人々に平等に看護を提供する。

3.対象となる人々との間に信頼関係を築き、その信頼関係に基づいて看護を提供する。

4.人々の知る権利及び自己決定の権利を尊重し、その権利を擁護する。

5.守秘義務を遵守し、個人情報の保護に努める。

6.人々を保護し安全を確保する。

7.実施した看護について個人としての責任をもつ。

8.常に、個人の責任として継続学習による能力の維持・開発に努める。

9.ほかの看護者及び保健医療福祉関係者とともに協働して看護を提供する。

10.より質の高い看護を行うために、看護実践、看護管理、看護教育、看護研究の望ましい基準を設定し、実施    

  する。

11.研究や実践を通して、看護学の発展に寄与する。

12.看護者自身の心身の健康の保持増進に努める。

13.個人としての品行を常に高く維持する。

14.環境の問題について社会と責任を共有する。

15.専門職組織を通じて、よりよい社会づくりに貢献する。

しいの木ブログ

お問い合わせ

TEL:03-5343-7843

FAX:03-5343-7844

アクセスマップ